甲斐あゆみのオンラインヨガスタジオ~Beginning~

ブログ

食事の本質

2018-01-02

失礼します。kaiです。 私達の身体と心は食べたものでできています。 食事を頂くということは、命を頂くということ。大切な命を頂き、それをどうやって私達は生かしていくのか。 その循環に気づくという事は ヨガをする という事でもあります。 食について考えるという事はヨガを考える事とイコールです。 大切で大事な食事の話。 いただきます という日本語は言葉の中に感謝の意味が込められています。 翻訳する事は難しいとも言われております。 食べるという事は植物であれ、動物であれその命を自分の命に移し変える事です。 基本的に無駄な食べ方を出来るだけ少なくするそういう姿勢はとても大切な事です。 日本には古くより、口を楽しませる嗜好品として食べるのではなく、自分の心身を養う事で他に奉仕する事を誓い、食事をいただく、 という精神が根づいています。 この想いを浮かべないと、食べ物に対して感謝を忘れ、食べ過ぎたり、栄養があるとかないとか美味しくない。というレベルで食事をしてしまいます。 食べるという事は栄養が摂れて元気になる部分と、食事をする事で疲れるという事に気づくことも必要です。 私達を生かしてくれている食べ物や、お水に感謝や尊敬の気持ちを持って生きましょう。 自分は自然の中の一部だという事を忘れずに 生命を結ぶという視点で食事を頂く事それが食事の本質ではないでしょうか?? kai