甲斐あゆみのオンラインヨガスタジオ~Beginning~

ブログ

愛をもって接する

2017-12-25

失礼します。kaiです。 愛をもって接する。この言葉の奥にはいくつか分類されるという事を知りました。 ゲーリー・チャップリンさんという人が愛を5つに分類しているそうです。 愛情の表現方法や、感じ方は人それぞれです。その違いを理解する事が人間関係や恋人との関係を支えているようです。 とても、シンプルな方法で人との関係が大きく改善する!? 自分はどんなタイプなのか、相手はどんなタイプなのかかそれを理解する事からはじまります。 愛を伝える5つの方法
  1. 肯定的な言葉
言葉タイプ 愛情 称賛 感謝を言葉で表現する。 言葉で愛情表現をして欲しいタイプ 愛しているや、好きだょetc… 女性に多いようです。 2.サービス行為 奉仕タイプ 言葉よりも行動で愛情を示したり受け止めたりする。 頑張っていたり、我慢強い人に多い。 3.贈り物 ギフトタイプ 愛や好意の象徴として、贈り物をする。贈り物で愛情を感じる。 物が欲しいわけでわなくモノを通して愛を感じる。 4.クオリティ タイム 時間タイプ中断や邪魔の入らない上質な時間で愛情を示す。 時間の共有、旅行好きに多い。 5.身体的タッチ スキンシップタイプ セックスや、手を繋ぐ など、身体的接触を通じて愛情を感じ取る。 会話がなくてもいい。 ほとんどの人が一つや二つに絞られて、その組み合わせは、さまざま。 これを知っておくだけで他人を少しだけ深く理解する事ができます。 パートナーが、何を大切にしているかを知る事で、相手の気持ちや価値観を共感できます。 自分がどのタイプかわからない時は 自分が不満だと思っている事 相手が愚痴を言っている事に注目して見ましょう!! これは、恋愛以外にも使用できます。 相手が何に重きを置いているかを知る事はどんなシチュエーションにおいても重要です。 そして、同じ人物でも、相手によって変わると事もあります。たとえは、家族や友人、ビジネスパートナーなど。 恋愛面では言葉を重視する人が、友人になると、居心地の良い時間になったり。。 他人を理解し、共感して仕事をするためには相手にとって何が大切かを知る事が大切です。 人は十人十色異なる人生経験とそれぞれの価値観があります。 相手によってコミュニケーションの方法を変えるのは当然のことですね。 相手を知り有効な人間関係を築きhappy lifeを送りましょう(*´꒳`*) kai