甲斐あゆみのオンラインヨガスタジオ~Beginning~

ブログ

あぶら の基礎知識

2017-12-20

失礼します。Kaiです。 脂肪とはあぶらです。動植物に含まれる栄養素の1つです。 英語ではfatです。 栄養学では、個体の状態、液体の状態でも、油脂です。化学では、液体の状態をoilというそうです。 さてさて、この脂肪は、いったいどんな役割をしているの? 体内に入ると酵素リパーゼで分解され小腸で吸収されて、血中にいきます。肝臓を通り、中性脂肪、脂肪酸、コレステロール、リン脂質に分けられます。 中性脂肪は、貯蓄されます。 脂肪酸は、エネルギーとして使われて、 コレステロールとリン脂質は、細胞膜の材料となっていきます。 この脂の中で、中性脂肪とコレステロールに異常が起こった状態を脂質異常症といいます。 中性脂肪は、脂肪細胞に収納されて、全身に貯められます。全身の皮下に蓄えられるものを皮下脂肪。 腹部の腸菅膜に蓄えられるものを内臓脂肪といいます。 これら、ぜーんぶひっくるめて体脂肪といいます。 脂肪も身体にとってとても大切なものです。 良質な脂肪をとりましょう。 今、牛や、豚、鳥の脂肪に問題が生じております。大量生産のメカニズム、早く成長させて出荷してお金にしていくというシステムで、 少なからず、ホルモン剤や、添加物を食べさせられている動物達。その、ホルモン剤や添加物は、全て脂肪に蓄積されていくと言われております。 自然で育っていない動物性脂肪には、少し気をつけて頂きたいです。 Kai