行動のヨガ

行動レベルのヨガ、日常の中のヨガ、正しく生きるための日常生活の中での心得になります。

①シャウチャ(Saucha)清浄

という教えがあります。

自分の体と心をいつもきれいな状態に保つこと。

体の外側を常に清潔に保ち、体の内側を浄化しデトックスした状態にしておく。

心のレベルでは、ネガティブな感情と思考を排除し、無欲の奉仕をしたり、よい性質を向上させたり、崇高な心を持った人との交友を図ったりすること。

身の回りや生活する空間をきれいに保ち、断捨離を行う。

昔は

わたし、モノを捨てられない人でした。

また使うかも。。

いつか使うかも。。

物が増えていけばいくほど

そのいつかはやってきません。。

よね?

『友人の姉に1年使わなかったらもう使わないんだから手放しなさい。』

その言葉で、ずいぶん断捨離しました。

もったいなかったので、めんどくさかったですがネットで売ったり譲ったりしました。

そうする事で、無駄なものをあまり買わなくなりました。

とってもスッキリしました。

そして、心もスッキリしました。

買っていないつもりでもモノは増えていきます。

郵便物だったり・もらったものだったり、本を買ったり、

自分で管理できる範囲でモノを持つという事も行動のヨガになるのではないかと思います。

モノを大切にする

モノを大切にするあまり、毎日同じ服を着たり、水の節約や洗剤の節約でしっかり、除菌ができず、嫌な臭いがしてしまい人様に迷惑をかけてしまう。

これは少し違います。

身の回りを綺麗にすることは心も綺麗にする事と同じ事です。

12月は大掃除をされる方も多いのではないでしょうか?

自分の周りの今あるものをしっかり見直して、

大切にするもの

手放すもの

を振り分けるいい機会ですね!